自宅でストレッチから始めてみる必要がある。

Posted by hiro39planning55 - 4月 24th, 2014

下半身のむくみが気になってきたので、いつもお世話になっている整骨院の先生に相談したところストレッチがいいとすすめられました。
特に太ももの内側にはリンパが多く流れているので、そこの柔軟性を上げるとたとえば血行がよくなったり、身体全体の代謝もよくなるんだそうです。
で、久しぶりに足を広げて前屈をしよう・・・と思ったらびっくり。
足がほとんど開きません(爆)。
90度くらいまでしか開かないのです!!
これは事件です。ということはそれ以上腿の内側に柔軟性がないということですよね。
触ってみても、硬いというより何か1本棒のようなものが入っているようにさえ感じるほどの、強固な硬さがありました。
そりゃあ、このなかをリンパ液が流れているとはとても思えません。
少し広げてみて「イタイイタイ」と言いながら前に前屈。・・・・これもほとんど曲がらないのですが。
でも続けていると少しだけ倒れるようになる。
そしてまた少し広げて、前屈・・・これだけで、何がすごいって少し汗ばんでくることです。
もう、どれだけ凝り固まっていて伸びない体になってたんだろう、というレベルです。
前にも書いたかもしれませんが、最近ストレッチの専門事務みたいなのが流行っているらしくて
カイロや整体に行くくらいの値段で、手を貸して自分でできない領域までストレッチさせてくれるらしいんですが
これはそこに行く前にもう少し自分でほぐしておかないと、効果を得ることもできないかもと思いました。
もうちょっとだけ、ストレッチを日課にして人並みの体になってから考えようと思います・・・。

Comments are closed.

Blog Home