肩こりを考える。

Posted by hiro39planning55 - 1月 18th, 2013

昔から、かなりのハイレベルな肩こり持ちです。
今も、週に一度は整骨院に通っていて、鍼もやってもらっていますが、それでなんとかメンテナンスをしている状態。
持病にめまいがあるのですが、それにも影響があると言われていて、一時期はビタミンEなどを処方されて飲んでいたこともありますが良くなりませんでした。
そのめまいの治療の際に調べてもらったところ、首の骨が人より真っ直ぐなんだそうです。
うまく湾曲していないので、頭の重さがダイレクトに方にかかるので、首のこりもひどいのですが肩のこりもひどいということでした。
整骨院やカイロで相談したこともあるんですが、首の骨の湾曲をつけるのはまず無理らしいです。
まあ、生まれ持った骨の形、と言ってしまえばそれまでなのかもしれませんが、無理といわれると結構ショックなものがありましたね。
でも、長年お世話になっている整骨院の関係で、東洋医学にかなり信仰があります。
「気」とかそういうことまで言うつもりはありませんが、「血行が悪い→ビタミンE」となってしまう西洋医学に対して
鍼などの「反射」が出る箇所に刺激を与える方法で、肩こりが楽になるのを私は体験しているので。
首が痛くて曲がらない時も、腰に鍼をすることで改善したり本当にします。
これは対処法ではなくて、今のそのこりがどこからの影響なのかを判断してほぐしていくという方法だからだと思います。
そして結局日常的な姿勢や、内蔵への負担が影響していると、日常生活の改善を求められるので・・・なかなかうまく行かないのですが(^_^;)。
今年はもう少し、肩こりの改善のために日常生活から考えてみたいとは思っているのです。

Comments are closed.

Blog Home